TEL:0294-53-5878

【営業時間】 9:30~18:00【定休日】 火曜日

ご来店予約受付中!お気軽にご相談ください

運営:大みか不動産(株)

一戸建VSマンション

あなたのライフプラン次第!? 戸建VSマンション

そろそろ住宅購入を考えてみようかと思っている人の中には、戸建かマンションかを迷っている人もいるのではないでしょうか。
結論から言うと、戸建にもマンションにもそれぞれメリットやデメリットがありますので、それらをよく検討したうえで、自分や家族に合った住まいを探してほしいと思います。


まとめ

やはり、金銭面で見ると、戸建のほうがマンションよりも物件価格が高くなってしまう傾向にありますが、管理費や修繕積立金、駐車場代(または、駐車場管理 費)などがかからないのは戸建の大きなメリットといえます。毎月3~6万円程度の負担があるかないかでは、30年とか40年といった長期になると、少なく とも1,000万円程度、多ければ3,000万円以上の違いになってきます。もちろん、戸建の場合は、将来の修繕費を自分で貯めなければならないので、必 ずしも戸建のほうが有利だと断定できませんが、それなりの優位性はあるといえるでしょう。

また、資産価値についても、戸建の土地部分は築年数が経過しても劣化するわけではないので、土地としての価値は残ります。マンションの場合だと、建物部分 と土地部分を分離して売却することができないので、築年数の経過にしたがって資産価値は下がってしまうのが通常です。

しかし一方で、マンションの場合は、防犯面や生活面でのメリットが挙げられます。カギ1本で戸締まりが簡単などの利便性だけでなく、管理人の常駐やオート ロック、セキュリティ会社との契約など、防犯面ではマンションのほうが優位性は高いでしょう。戸建でそれらを自分で備えようとすると、費用負担が必要にな るはずです。生活面でも、マンションの場合は管理組合への参加などが義務づけられますが、近所付き合いなどを煩わしく思わない人にとっては、近所とのコ ミュニティができることで精神的にも安心できる生活が可能になるでしょう。